【fufufu.com】
 検索エンジン 順位チェッカー
 予約 ホテル
 航空券 購入
 ポイントは生活、ライフラインへのリンクです
 ハワイ 旅行
 ホテル 宿泊 予約
 飛行機 チケット
 レンタカー
 国内 航空券
 宿泊
 格安 航空券

マンションor一軒家

二昔前なら「家と言えば一戸建て。マンションなんてウナギの寝床。」と言われていた。全国的に宅地開発が行われ、駅から遠い不便な場所でも、環境重視で一戸建てがよく売れた。その後、「マンションの方がセキュリティがしっかりしてて安心だし、掃除も楽。庭の草むしりも要らないし、駅や買い物も近くて便利。」とマンション志向が強まったのが一昔前。今は周りまわって、「やっぱり一戸建ての方が家らしい。値段もマンションとさして変わらん。タワーマンションと比べればむしろ安い。」と、一軒家が見直されてきたのが今ではないだろうか。
鍵交換

美味し国、北海道

1度目の北海道は当時話題になっていた旭山動物園(所在地が「旭川」なのがややこしい)や釧路湿原、富良野のラベンダー畑など観光中心だったので、2度目はグルメ中心にした。札幌ラーメンで有名な「すみれ」からスタートし、スープカレーの有名店や函館市場の海鮮丼など、どれも大満足。そして特筆すべきは特に期待せずに入ったホテル近くのジンギスカンの店。ラム肉だけど全然臭みがなく、肉も野菜も食べ放題。ジンギスカンを見直した。そしてお会計でまたビックリ。「こんなんでいいの?」ってぐらい超安い。っていうか、たぶん飲み物とか付け忘れてると思う>^_^;< その辺のユルさも北海道感があっていい。
ちなみに利尻昆布で有名な利尻島は北海道北部の島。その北には礼文水道を挟み礼文島がある。

結婚もいいかも

同僚のお宅にオジャマした。急な訪問だったけど、奥様が快く出迎えてくれた。
私も彼らのウェディングには参加させてもらったので、その時のことが思い出されて、とても懐かしく感じられた。
奥さまはきれいで優しく、料理も上手い!私も早く結婚したくなった(笑)

生命保険について

生命保険とは、人間の生命や傷病に関わる損失を保障することを目的とする保険のことです。死亡などの決まった条件が確定した場合に、保険者が受取人に保険金を支払うことを約束する契約です。俗に生保と略して呼ばれています。主として生命保険会社が扱っていますが、日本郵政公社が扱っていた簡易保険、生協・農協などの共済による「生命共済」なども同様の商品ということができます。

統計に基づいて年齢別死亡率から保険料を設定することにより、保険会社が受け取る保険料と支払われる保険金のバランスが保たれるようにできています。契約者が支払う保険料は、一般に年齢ごとの死亡率に応じて算出された保険料の合計を期間全体で平均化した金額となります。

これは損害保険の扱う傷害保険に似ていますが、多くの損害保険の要件に入ってくる「急激・外来」の条件には拘束されない点では異なります。生命保険は、一般に年齢が上がるにつれて高まる病気や死亡の危険を保障するためのものであって、外来の事故のみを保障する傷害保険とは本質的に異なるものだと言えます。

多くの生命保険会社では、生命保険の商品以外にも、貯蓄や老後の保障などのニーズに対応した「個人年金保険」や「財形貯蓄積立保険」などの商品を取り扱っています。

右脳の開発

人間の脳には右脳と左脳があり、脳梁という神経線維でつながっています。
右脳の働きは左半身の運動や感覚以外に、創造性、直感、イメージ思考、及び音楽、空間認識などを行っているといわれています。
左脳は、右半身の運動や感覚の他にも、言語、計算や論理的思考等を司っていると考えられています。

小学校に入学する前ごろまでは右脳が優勢ですが、学校の教育で言葉を習い、自分の頭で考えることができるようになると左脳が発達し始め、大人になる頃には、ほとんどの人は右脳をあまり使わなくなります。

音楽家や画家などの芸術家は、生業として音楽やイメージを扱っていますので生涯、右脳を使い続けます。また、ほとんどの科学者はイメージで考えていますので、右脳が発達しているそうです。

脳は、使わなくなくなれば退化してしまい、日頃使っていれば発達していきます。

右脳を開発する上で、簡単でどこでもできるのは、イメージトレーニングでしょう。

2枚の絵でまちがい探しをする子供向けの右脳の達人ゲームのほか、残像トレーニング等もありますが、パソコンやゲーム、道具が必要となり、どこでもできるわけではありません。